野草と山菜 /修学院の 小庭図鑑 ②酷暑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

食養生・氣養生らぼ  TAKAKOです。

今年の夏の暑さは、異常としか言いようがない程の暑さですね。
いつもなら、庭仕事は休日の午前中に、ブランチをゆっくり取ってから
始めるのですが、今年の日差しはとてもキツイので、
朝早くの内に 済ませてしまわないとですね…。

6月には、ちょっとした事件 …がありました。
フローレンス フェンネル 乗っ取り事件 です。笑

毎年、1m程に大きくなり花もたくさん付くので、
フェンネルシードの収穫を楽しみにしていたのですが、
今年は、激減していると言われている、キアゲハの幼虫が
フェンネルに大量発生!!! 数えたら十数匹もいらっしゃいます!
びっしり!付いてる感じです~。

   

きゃーきゃー騒いでも 出て行ってくれる様子はないし、
よほど他に産卵する場所が無いのか、リスク分散しなかった
キアゲハの親蝶のことを思うと、ちょっと気の毒になってしまい、
今年は収穫をあきらめて譲ることにしました。泣

キアゲハが 巣立っていった頃、今度はやっと80㎝程に育った山椒の木に、
黒アゲハの幼虫が!!! 絶対 目を付けられている我が家の小庭…。

7月になり、春に株分けしてもらった「真菰」の苗は今や2m近くに成長しました。
自然農法を実践されている農園さんで、田んぼの土も頂いたのですが、
生態系も一緒に持ち帰ったようで、珍しい「豊年海老」や「たにし」
「芹」「水草」などが プチビオトープを形成してくれました。

豊年海老は 2~3cm程の希少な海老で、お腹を背にして泳ぎます。
きれいな場所にしか生息しないそうで、豊作になると言われています。

大きくて深いプランターも、真菰 の成長が早く 手狭になってきています。
あぁ、畑と田んぼが欲しい~! 笑

今年は、「糸瓜」へちまも植えました。
小庭の黒文字の木が、夏の日差しに弱いので、
へちまの成長の早さを利用して、日除けのカーテンを誘導中。
へちま化粧水と、へちまスポンジ 作れるかなぁ~と楽しみにしています。

野草の方は、季節ごとに小庭の勢力図が変わり、今は「露草」が台頭しています。
露草は、アントシアニンが豊富で抗酸化作用があり、
ツユクサエキスには、糖質吸収を防ぐ効果も期待できます。
解熱・解毒・むくみ・喘息・風邪・下痢止め にも良いそうです。

サラダ・おひたし・スープ・天ぷらなどで食します。
開花時期に全草を日干しで乾燥すれば、
「鴨跖草」おうせきそう という生薬として、お茶にもできます。
夏の疲れた体にも良さそうです。

一番元気なのは、菊芋です。ゆうに2m半は越えました。
もうそろそろ 黄色い花が付く頃でしょうか。
秋の根塊の収穫が 楽しみです。

庭仕事は 暑いですが、この暑さの中で元気に生きる 達観した植物に
無の境地でも教えてもらっている様な 気がします…。笑

 

自然のままを丸ごと戴き…感謝。カラダの満足ごはん。

【 自分に合った 食養生・気養生で セルフメディケーションを目指す 】

 

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*